更年期障害 頭痛

つらい症状いつまで続くの?メノポーズの始まりとその期間

メノポーズの発症はだいたい45才前後といわれています。50才ころに迎える閉経を挟み、55才までの10年がメノポーズの症状がでる平均的な期間です。ただ、過度のストレスによって低年齢化が進むことがあります。

更年期の期間で大事なのは、ベースとなる毎日の生活です。今まで健康に気を使い過ごしてきた女性は、症状が軽いようです。メノポーズになってからでも、バランスのいい食生活、睡眠などに気を付けたり、また、ストレスの多い仕事から少し自分の負担を解放することが大切です。

メノポーズの症状の中で、精神的不快症状がでた場合、より家族のコミュニケーションが重要になってきます。自分にはどうしようもできないイライラ、うつ症状、やる気の減退など。これらを理解してもらいフォローしてもらうことで乗り切りましょう。精神科に受診して、薬を処方してもらうといいでしょう。

他に気になる事といえば、更年期後の新陳代謝の衰えです。太りやすくなったり、シミやしわも増える傾向があります。食事量を今までより軽めにし、毎日できる運動を生活に組み込むといいでしょう。女性ホルモン値は、美容に関係しています。大豆食品を摂る事は、さまざまな女性の老化・衰えに効果的です。

メノポーズの期間が10年と思うと長いですが、どう過ごすかが大切だと思いませんか?趣味など自分の好きなことに費やす時間を作り、若々しく前向きな女の人生を謳歌していってください。

メノポーズと戦う女性に。人気の口コミ、効くサプリ

メノポーズに悩む40代50代の女性は、全体の8割にのぼると言われています。毎日摂取するサプリメントで体調を改善し、活き活きとした毎日を送りたいものです。実際に使ってみたひとの評判が良かったものを取り上げてみたいと思います。

①漢方系のサプリメント。冷えや貧血の改善に優れています。「早くから効果を実感できる」という結果も出ています。

②「ローヤルゼリー」。ホルモンバランスを整えることができ、自律神経失調症に対して効果的です。「目覚めが良くなった」と言う評判もあり、寝つきが悪い、眠りが浅いなどの症状にも期待できます。

③「プラセンタ」。病院での治療にも使われるサプリメントで、薬と違い副作用がでる心配がありません。気分の落ち込みや頭痛に効きます。アンチエイジングを目的に摂取するひとも多く、「肌の調子が良くなった」と言う声もあります。

ちなみに更年期といえば思い浮かぶことが多い、「大豆イソフラボン」ですが、摂り過ぎは乳がんの発症率を高めるという研究結果も出ていて、サプリメントからの過剰摂取は危険です。食事から適量摂ることを心がけましょう。

更年期以降は、新陳代謝が落ちるので、老化が早まったり太りやすくなります。カロリーを今までの八割程度に控えたほうがいいです。食事量は減らしても増やしたい、ビタミンE
、B群、C、カルシウムやタウリンは、サプリメントから摂るのもいいでしょう。

更年期症状を和らげることは、女性らしさや若さを保つことにもつながります。長い女の人生にサプリメントを有効的に活用していただきたいものです。

エストロゲンが若さと体調を左右する?まずは病院で血液検査

更年期障害を疑って受診した場合、医療機関に行ってまず受けるのが血液検査です。更年期症状を引き起こす、エストロゲン値が減少しているかを、血中濃度で調べます。検査で測る、脳の下垂から出る卵巣刺激ホルモンと卵巣からでるエストロゲン数値が重要です。この結果で、「プレ更年期」または「更年期」と診断された場合、いくつかの治療法の中から選択を迫られます。

まず一つめが、「ホルモン補充治療」です。乳がんなどのリスクを高めるとも言われ、人によっては受けられないこともあります。ただ、効果が出るのも早く、「体調だけでなく、しわも軽減した。肌の張りも出てきた」という患者さんもいらっしゃいます。

他に、整体で治療するなどいろいろありますが、その中の体に優しい治療法として、漢方が挙げられます。ホルモン補充治療は、そのひとの体調によって受けられない場合があります。バランスを整えて不調を軽減していく漢方にとって、自律神経のアンバランスによって起こる更年期の症状の改善は得意分野です。特に強い不快症状によって(自律神経系か、血流の悪循環か、水分代謝の落ち込みか)処方が違います。漢方薬局や専門家に相談するのが望ましいでしょう。ドラッグストアで売られるサプリメントにも、漢方が含まれるものがあります。受診後に試してみるのもいいでしょう。

不調を感じたら受診することも大切ですが、若いうちからかかりつけの婦人科を持って一年に一回は定期検診を受けるといいでしょう。

エストラジオールを食事で増やす!メノポーズを改善する食品は?

メノポーズの症状があって毎日の食事からの改善を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで毎日の食事に取り入れやすい食品をいくつかご紹介していきたいと思います。

まずは「豆乳」です。大豆食品でエストラジオールの数値を上げられるのは皆さん、ご存じだと思います。女性ホルモンに近い大豆イソフラボンの摂取が目的ですが、サプリメントからの過剰摂取は危険です。食事から摂るのが望ましい成分です。飲むだけでなく、料理にも加えやすく、味噌汁のコクを出すのに少量加えたり、豆乳入りのマヨネーズなど、工夫次第で取り入れられます。

次にご紹介したいのが、ザクロジュースです。こちらも、女性ホルモン値を上げるといわれ、飲みやすいのが特徴です。市販のもので気を付けたいのが、水で薄められていたり、他の果汁との混合飲料ですと、効果も半減してしまいます。濃縮還元した100%のものを選んでください。

更年期になると、以前とは体調が変わってきます。高脂血症や高血圧、動脈硬化のリスクも上がり、新陳代謝も落ちてきます。そして、積極的にとっていただきたいのがビタミンE
です。抗酸化作用や血流改善に効果があります。主にコーン油やオリーブオイルなどの油脂類、ナッツなどの種実類、いくらやタラコなどの魚卵に多く含まれています。特に毎日の食事に取り入れやすいのは、玄米でしょう。ご飯を炊く際、白米の2~3割の量を加えることで、継続してビタミンEを摂ることができます。

これらの栄養は、血行が悪いと体内に吸収されず効果を発揮できません。軽い運動などをして、血流をよくしましょう。更年期の不調に加えて、治療というストレスが増えないように、毎日の食事でゆっくりでも体調を回復していけられるといいですね。

私はまだまだ先のこと?20代30代の若年性更年期障害とは

ストレス社会と言われるこの時代。ストレスとは切っても切り離せません。更年期障害は45才前後の女性が発症する障害ですが、若い女性にも同様の症状が表れることがあります。更年期障害は閉経に近づくことで、卵巣から分泌されるエストロゲンの減少により起こる不調をいいます。それが喫煙やストレス、過激なダイエットにより女性ホルモンのバランスが崩れて、若いうちに発症するのです。生理周期の乱れ、冷え、イライラやうつといった不調が続くようなら、若年性更年期の疑いがあります。婦人科に受診しましょう。そのままにしておくと、生理が止まってしまうことだってあるのです。

若年性更年期は、毎日の生活での悪い習慣が原因です。女性ホルモンに関わるため、老化を早めたりシミやしわが増えたりと、女性にとって大敵である弊害も起きてきます。生活の見直しをしてみましょう。

まずは食事や定期的な軽い運動が挙げられます。ミネラルの多い食事を摂り、適度な運動をすることで効率的に栄養を体全体に行き渡らせる相乗効果を得られます。喫煙を控えることは肝心です。女性ホルモン値を下げるといわれ、女性にとっていいことはありません。他に冷えの改善も大切です。冷えは血液循環が悪くて起こるので、マッサージやストレッチが有効です。一番の悪影響を及ぼすのは、ストレスです。社会進出が増えて、現代女性のストレスは計り知れません。普段から心の負担を減らす工夫をしていきましょう。

これら若年性更年期を起こす原因はすべて女性の美容に悪いものばかりです。目先の目的を果たすことに走らず、長い女の人生を見据えた健康に良い生活を送りましょう。

これって更年期?お医者さんに行く前にしてほしい、10個のチェック

女性が40歳を過ごしてからの不調は更年期が考えられます。この年代で調子が悪いと感じたら、セルフチェックで確認してみましょう。

①生理不順がある。量が少なくなった②疲れやすくなった③顔がほてる、のぼせやすい④汗をかきやすくなった⑤腰や手足に冷えがある。⑥息切れや動悸、頭痛、めまいがある⑦便秘・下痢をしやすい⑧いらいらする。怒りっぽくなった⑨涙もろくなった。憂うつだ⑩やる気の減退を感じる、だるい

この項目に4つ以上あてはまるとプレ更年期の疑いがあります。婦人科で一度受診されるといいでしょう。更年期症状が落ちつくまで10年前後かかると言われています。更年期と気づかずに、具合の悪いままで生活することは大変です。ご自分にあった治療法で、負担をなるべく減らし、対処しましょう。

更年期症状を大別すると、自律神経失調症を精神症状に分けることができます。どちらも女性ホルモンの減少が原因で起こる症状です。更年期はすべての女性が通る道ですが、健康的な生活を送ってきたひとは症状が軽く済むことが知られています。更年期を迎えてからの生活スタイルの改善も、症状緩和に有効です。適度な運動やバランスのよい食事、ストレス要因を軽減させるなどが挙げられます。女性ホルモンの減少から起きる症状ですので、大豆食品を積極的に摂取するといいでしょう。

年を重ねるにつれ、若いころには予想できなかった体の故障が表れてきます。ご自分の健康管理の一環として自分の体調をチェックして、定期的に医療機関に診てもらいましょう。

夫婦のキズナが強くなる!更年期で情緒不安定になった家族との接し方

更年期は女性誰しも通る道です。ただ、症状の出方はひとによって様々です。真面目なひとほど自分の中で不調の悩みを抱え込み、重くなる傾向があるようです。特に、イライラ、うつ、切れやすいなど、精神的不調は周りのひとにも影響します。周囲の理解が必要です。これは一時的なものと割り切り、たくさんの協力を仰いでください。

45歳~55歳の頃に症状が出ると言われる更年期ですが、子育てが終わっているなど、生活のパターンの変化が重なる場合が多く、精神的に乱れやすい状態でもあります。こういった不調を目の当たりにするのは家族で、特にご主人が奥様の不安定の状態にとまどうかもしれません。奥様も、これは体の変化による不調であることを伝え、家族に病状を説明しておくことが大事です。

精神的な不調にとってストレスは大敵です。楽しみを持つことはおすすめです。ぜひこの機会に夫婦共通の趣味を探されてはいかがでしょうか?

メンタル的な落ち込みには、脳内物質のセロトニンを増やすことで明るい気持ちに変わるといいます。それには、日光を浴びたり、リズムよく歩くなどが効果的です。朝、少し早めに起床し、夫婦水いらずで散歩などはどうでしょう?休日に山歩きや街探索に行くのもいいでしょう。共通の会話も増えます。コミュニケーションをとることで精神的な不快症状も緩和します。

更年期の女性の心は非常にアンバランスです。しかし、その症状は一時的なものです。ご夫婦一緒に受け止めているうちに、信頼関係が増していくはずです。老後に夫婦二人の生活を迎えたとき、会話に困るなんてこともなくなっているはずですよ。

バカにできない、45歳からの微熱のサイン。不定愁訴とその症状

更年期の症状の一つに微熱があります。45歳前後で7度台の微熱が何週間も続いていたら要注意です。「たいしたことはない」とそのままにしておくのはよくありません。悪性リンパ腫や悪性の腫瘍などの場合もあり、解明しておかないと危険です。

更年期に伴う微熱はだるさを伴うのも特徴です。自律神経の乱れから起こっているもので、更年期症状が始まる頃から多く出てくることが多いようです。更年期症状は発症して10年続くと言われています。長期に渡り不調のままでいるよりも、他の重病の可能性もクリアにすることを含めて、婦人科に受診しましょう。

更年期による微熱は、自律神経失調症により血管収縮で皮膚表面の温度が上がることで起こると言われています。「微熱くらい病院に行くことじゃ・・・」と思われることが多いのですが、その後、冷えやのぼせ、メンタル面の不調などが併発して出てくることもあります。ただの微熱とあなどってはいけません。

受診後は、体調のいい時は散歩に行くなど、少しずつ前向きに改善していきましょう。微熱によるだるさが行動を億劫にさせるかもしれません。しかし、太陽の光を浴びると気持ちも明るくなり不快症状への対応もしやすくなります。無理なく、生活に軽い運動や気晴らしを取り入れ、更年期期間が改善するまで過ごしましょう。

微熱は体のSOSサインです。なんらかの良くないことが体内でおきています。自分の体と向き合い、健康的な長い人生を送りましょう。

ホルモン補充治療に頼らない!冷えを改善するスープレシピ

40代~50代の女性が必ず通る道、更年期障害。この時期を迎えたら体調の管理や意識を変えることが必要です。

よく見られる更年期の症状の一つ、「冷え」ですが、女性はもともと冷え症だったという方が多いです。「冷えは万病の元」と言いますが、冷えていると並行して出てくる不調もありますので、冷えにくい体質に改善していきましょう。

更年期障害と診断されると、治療の一つとしてホルモン補充治療があります。しかし乳がんのリスクが増えたり副作用が出やすいのが特徴です。まずは毎日の食事から変えていきたいものです。

冷えに効く食材として、ネギやショウガなどがあげられます。更年期症状の方は積極的にとりたい大豆食品。豆乳や豆腐、味噌など毎日一品加えて頂きたい食材です。また、女性に多い貧血も原因の一つにあげられ、鉄分を多く含む食材も加えるといいでしょう。法蓮草やひじきなど。ただ植物性の鉄分もよいのですが、どちらかというと赤身の肉がおすすめです。動物性の方が吸収率が高く、タンパク質をとることで体温を上げる効果もあります。更年期以降、老けの進行を感じる方も多く、動物性タンパク質の肉は、脳の老化や筋肉の減少を防ぎ、若々しさを保ちます。これらの食材を毎日の食事に取り入れ、体質改善を図ってください。

ここで冷えに効く食材を使ったスープをご紹介したいと思います。まず、食事に取り入れやすい味噌汁。和食中心にすれば、栄養バランスがよく、カロリーの取り過ぎも防げます。ただ、塩分が高いので毎食と言わず、豆腐やネギなどを加え、より冷え改善を意識した味噌汁にして、朝食に加えてはいかがでしょうか。

次にご紹介するのは、豆腐チゲです。豆乳に加え、長ネギ、キムチ、牛肉の薄切りなどを具材として加えるといいでしょう。まずキムチを胡麻油で炒めた後、顆粒の鶏スープの素で全ての具材にていきます。火を消して、全体量の4分の1くらいの豆乳を加え、塩加減を整えましょう。豆乳がキムチの辛さをマイルドにし、具材からいい出汁が出て、おいしいスープになります。夏でも、クーラーで冷えてしまった体を温めるのに最適です。

日々の暮らしの中、おいしい食事で毎日を元気に過ごしていけるといいですね.

なんだかやる気が出ない…。プレ更年期症状から始まる心の不調

「最近、なんだかやる気が出ない…」「家事をするのが億劫になった」「今まで好きだったことをしても、楽しくない」これらはプレ更年期症状の一つかもしれません。「ちょっと落ち込んでいるだけだから…」と放っておくと別の弊害が出てきてますます辛い状態になる事だってあるのです。

45歳~55歳の女性に多く見られる更年期の不調。やる気が出ないのはその障害による自律神経の乱れから起きている可能性があります。鬱症状は、更年期の前期から出やすい症状です。この年代になり「今までと違う」と感じたら、婦人科に受診することを強くお勧めします。

閉経に伴い出てくるこの不調。女性にとって、女らしさが無くなるイメージが強く、認めたくないと思われる傾向があります。ただ、どの女性にも訪れるものです。「なんで私が…」と思わずに、これから第2の女の人生を育むつもりで、更年期である体の状態を認めて、自分を見つめ直してみましょう。そして、家族や信頼のおける周りの方の協力を仰ぎ、前向きに乗り切りましょう。

更年期障害は、メンタル面とフィジカル面に症状がでます。病院で受診し、対応策を聞くのが一番ですが、ご自分の気持ちの持ち様や生活の送り方次第で負担が違ってきます。メンタル的な鬱症状、イライラ、切れやすくなったなどは、精神科で薬を処方してもらうことで劇的に楽になるケースが多いのです。

40代で心の不調を感じたら、まず受診してご自分の負担を軽くしましょう。意地を張らずに医療機関の協力を得て、自分らしい生活を続けたいですね。